検索
  • Mayo I

大切な人を失うこと

『魂は生き続ける。死んだのは肉体だけ』


というのは、いろんな哲学や宗教で考えられていることで

何を信じるか・信じないかは、自由。


でも、例えそうだとしても、

亡くなった人の魂は自分の心の中で生き続けるのだとしても

大切な人が本当に亡くなってしまったら

そんな理屈が通用するのは

何年も何年も時間が経って、

やっとなんとか心の整理がついて、悲しみが癒え始めてからです。





思い出や写真、映像なんて冷たすぎる。

夢の中だけでなく、本物に会いたい。触れたい。

あなたがいないこの世の中なんて、無意味。そっちへ行きたい!


最初は、そんな気持ちでいっぱいになります。


わたし個人的には、自分が死ぬのは怖くない。

生まれ変わるとわかっているし、悔いなく生きているから。

(「子供を残したまま」という観点から見ると、また違います)


でも、大切な誰かを失って、残りの人生を生きていくのは怖い。

「寂しさ」「悲しみ」「心の大きな穴」

こんな感情、苦しすぎて本当に苦手。


こんなことを思いながら生きていると、何気ない日常が全然違って見えてきます。


大切な、一生に一度しか来ない今日。

自分が笑顔で、人を笑顔にする、そんな一日を過ごしていきましょう^^

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

退院後は、大変な生活が待っていることをわかっていたので 入院中はほとんど赤ちゃんを預かってもらいました。 出産した次の日を1日目として4日目には退院する産院でして。 退院の前日の夜、口や鼻からもゲボッとびっくりするくらいの量のミルクを吐きました。 でも助産師さんは慌てず「あらあら」てな感じで拭いたり着替えさせてくださり、 そのあとあまりミルクを飲まず。 うんちが出てないから!?と綿棒で刺激してくだ