top of page
検索
  • Mayo I

笑顔いっぱいの親子ヨガ、ご参加ありがとうございました。


↑ぎっこんばったん。「アイタタタ」という声も聞こえます。




↑手を繋いで、お花のように広がりました。



親子ヨガの多数のご参加、ありがとうございました!


当日は小学2年生から4年生までのお子様とそのお母さん方、お友達ペアにご参加頂きました。


最初は、いつもは意識しない吸う息や吐く息に集中する息あそびから始まりました。


そのあと、モデルさんや兵隊さんになったり、オリンピックの水泳やサーフィンさながらの動きをするヨガをして、皆さん息づかいが荒くなりながらも、とっても楽しそうな顔!


ペアヨガになると、お母さんではなく子供たちから「痛い、痛い~!」という声が聞こえてきます。子どもは関節が柔らかいのですが、いつも伸ばさない箇所を伸ばすとピーンと張るのは年齢関係ないんですね。


お母さんと息がぴったりで「先生、見てみて~!できたよー!」とポーズを見せてくれる子もいたり、わいわい楽しい雰囲気になりました。


終盤は、みんなでお花のように輪っかを作る・・からの、まさかの腹筋!


ラストは、向き合って「ありがとう」の気持ちを伝えあいました。

お母さんも子供たちも、お友達同士も、ちょっぴり照れくさくて笑っちゃう。

でも、ヨガをして、心も体もスッキリオープンになると不思議と言えてしまうんですよね。


何度か親子ヨガのレッスンをしてきましたが、毎回お母さんとお子さんのお互いに「大好きだよ!」というアイコンタクトやスキンシップ、信頼感に胸いっぱいになってしまいます。


一生に一度しかない今年の夏休み。

お母さんも子供たちにも、楽しい思い出になっていたらいいな、と思います。


「楽しかったー!」

「次はいつするの?決まったら教えてね」

という、嬉しいお声も頂き、本当に感謝です。


次回するときは、土曜日開催にしようかと思っています。

平日はお仕事のお母さんも、もしかしたらお父さんもご参加頂けるからです^^



どうもありがとうございました^^



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝早く突然の電話。 赤ちゃんが入院している病院から。 なに??! 電話があるということは悪いこと?? 緊張してドキドキしながら電話を取ると ******* ミルクを少しずつ飲ませているんですけどね、 色は薄くなっているけど、胆汁がなくなりきらないんですよ。 もう一度検査をしてみたら、十二指腸の癒着がひどかった部分が腫れている。 体重も毎日減っているので、口から管を通して直接小腸へ栄養を届けようと思

腸回転異常症という小腸と大腸が正常ではない状態であるうち、 実際にねじれているのは6,000人に1人の割合だそうです。 ******* 手術から3日後のお医者さんとの面談で言われたのは 「まだグリーンティー色の胆汁を吐いているけど、薄くなっている」 「予後としては悪くないですよ。退院は1週間から10日後くらいかな」 安心安堵^^ あぁ良かった。 いろいろあったけど、けっこう早く帰って来れる!

胸が張ってくるので、3,4時間おきに搾乳。 「ママ、また搾乳してるん~」 「見るたびに搾乳してるなぁ」 と家族から言われるくらい、夜中も早朝も搾乳しました。 1人で背中を丸めて搾乳して、母乳を冷凍し、搾乳機を洗う。 赤ちゃんの今後の見通しもつかないまま、一日中こんなことをしていて 情けなくて虚しい気持ちに何度もなりました。 「赤ちゃんのためにがんばろー!!」と思うこともあったけど 正直、悲しい気持

記事: Blog2_Post
bottom of page