top of page
検索
  • Mayo I

心にガツンときた言葉

私は、You Tubeで有名なWellness to go のArisaさんが好きで、講座も受けているのですが、先日送られてきたメルマガでドキッとした言葉がありました。


I am beneath or above no one.
(私は誰の下でもないし、上でもない)

北米で有名な代替医療や瞑想の医学博士・ディーパック・チョプラ氏の言葉です。


大阪のヨガスタジオで働いていたとき、クラスの動員数やプライベートレッスンの数など、いろいろなカテゴリーでスタッフに順位がつけられていました。

順位が上がると「Mayoさん、どうやって数字アップしたんですか」「レッスン見学させてください」などと他のスタッフが聞きにきます。

そこで、未熟な私は天狗になって「ああで、こうで」と教えていたと思います。本当は特に特別なことはしていないのに。


店舗のリーダーになると、意識していなくても、偉そうにしていたのかもなぁ、と今になっては思います。「リーダーぽく見せないと」という見栄もあったのかもしれません。


=======

・自信と虚栄心

・謙虚と自己否定

=======

よく似ているので勘違いしてしまいそうだけど、すれすれのところで少し違う。


プライドが高くて、自分を良く見せたくて、現実よりも少し盛った言葉を使ってしまう癖。

そんなやっかいなところが、私にはあります。


でもありがたいことに、それに気づいている。

気づいているということは、変えられる。


気づいたときから「正直で誠実で」ということを心がけていて、ほんのbaby stepかもしれない、けど当時よりは良い人間に成長できているかな、と思います。




************


ヨガに関しては、レッスンにご参加頂く皆さんより少しだけ知識や経験が多いかもしれません。だから、それをお伝えしています。

が、教えることで教わることがたくさんあって「生徒さんは一番の先生」ということは断言できます。でも、勘違いしてしまう自分がまた出てきてしまうかもしれない。


昔から、「同じ目線で」ということは常に頭に置いていましたが、このディーパック・チョプラ氏の言葉で改めて、ガツンときました。


教える・教わる、でも自分は誰の上でも下でもない。


勇気と自信をくれるこの言葉。


ありがとうございます。



閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝早く突然の電話。 赤ちゃんが入院している病院から。 なに??! 電話があるということは悪いこと?? 緊張してドキドキしながら電話を取ると ******* ミルクを少しずつ飲ませているんですけどね、 色は薄くなっているけど、胆汁がなくなりきらないんですよ。 もう一度検査をしてみたら、十二指腸の癒着がひどかった部分が腫れている。 体重も毎日減っているので、口から管を通して直接小腸へ栄養を届けようと思

腸回転異常症という小腸と大腸が正常ではない状態であるうち、 実際にねじれているのは6,000人に1人の割合だそうです。 ******* 手術から3日後のお医者さんとの面談で言われたのは 「まだグリーンティー色の胆汁を吐いているけど、薄くなっている」 「予後としては悪くないですよ。退院は1週間から10日後くらいかな」 安心安堵^^ あぁ良かった。 いろいろあったけど、けっこう早く帰って来れる!

胸が張ってくるので、3,4時間おきに搾乳。 「ママ、また搾乳してるん~」 「見るたびに搾乳してるなぁ」 と家族から言われるくらい、夜中も早朝も搾乳しました。 1人で背中を丸めて搾乳して、母乳を冷凍し、搾乳機を洗う。 赤ちゃんの今後の見通しもつかないまま、一日中こんなことをしていて 情けなくて虚しい気持ちに何度もなりました。 「赤ちゃんのためにがんばろー!!」と思うこともあったけど 正直、悲しい気持

記事: Blog2_Post
bottom of page