top of page
検索
  • Mayo I

春夏秋冬の「いとおかし」

更新日:2021年8月5日



夏は暑くて暑くて、汗が出るし虫は出るし、大の苦手!という人もよく聞きますが、

私は季節の中で夏が一番好きでして。


夏祭りやBBQ、海水浴や川遊び、花火に高校野球。

スイカやぶどう、かき氷やキンキンに冷えた麦茶。

昼間の暑さがクールダウンしてくる夜も大好きです。


何が言いたかったかというと、、、


梅雨は雨が降り、アジサイがしっとり咲き、カエルが出てくる。

夏は蒸し暑く、ひまわりが元気に咲き、セミが鳴く。


清少納言の枕草子にあるような、その季節の「いとおかし」に出会うと「あ~良かった」と、とにかく安堵します。目に見える範囲では、生態系はまだ周っている、と。


冬に「今日は寒いね~」という人に「寒い冬がきて良かったですね!」と返すと「寒いの好きなん?」という会話になりました。

つい先日も「セミの鳴き声で余計暑く感じるわ!」という人に「ほんと、セミは元気いっぱいですよね」と返すと「それもそうやけど」みたいになります。


そこから話が広がる時とそうでない時があるのですが、異常気象や自然災害は自分の生活の必需品である食べ物や水、ガソリンなどと直接的な影響があるんですよね。


気候や気温の変化に上手に対応しながら、自分に無理なく出来ることを続けていけたらと思っています。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝早く突然の電話。 赤ちゃんが入院している病院から。 なに??! 電話があるということは悪いこと?? 緊張してドキドキしながら電話を取ると ******* ミルクを少しずつ飲ませているんですけどね、 色は薄くなっているけど、胆汁がなくなりきらないんですよ。 もう一度検査をしてみたら、十二指腸の癒着がひどかった部分が腫れている。 体重も毎日減っているので、口から管を通して直接小腸へ栄養を届けようと思

腸回転異常症という小腸と大腸が正常ではない状態であるうち、 実際にねじれているのは6,000人に1人の割合だそうです。 ******* 手術から3日後のお医者さんとの面談で言われたのは 「まだグリーンティー色の胆汁を吐いているけど、薄くなっている」 「予後としては悪くないですよ。退院は1週間から10日後くらいかな」 安心安堵^^ あぁ良かった。 いろいろあったけど、けっこう早く帰って来れる!

胸が張ってくるので、3,4時間おきに搾乳。 「ママ、また搾乳してるん~」 「見るたびに搾乳してるなぁ」 と家族から言われるくらい、夜中も早朝も搾乳しました。 1人で背中を丸めて搾乳して、母乳を冷凍し、搾乳機を洗う。 赤ちゃんの今後の見通しもつかないまま、一日中こんなことをしていて 情けなくて虚しい気持ちに何度もなりました。 「赤ちゃんのためにがんばろー!!」と思うこともあったけど 正直、悲しい気持

記事: Blog2_Post
bottom of page