top of page
検索
  • Mayo I

人生という道の交わり

更新日:2021年9月22日

10年くらい前。大阪の三国に住んでいたことがありました。

フラフラ~と自転車をこいでいたら、


「!!??」


地元の友達が歩いてる???


一度は通り過ぎて、でもやっぱり!と思い、Uターンして話しかけてみると!


思った通り、地元の友人。梅田や心斎橋ではなく超ローカルな場所で、しかも地元でもめったに会わない人と出会う。。。めちゃんこゾクゾクする出来事でした。


*************************


それよりも少し前くらいに、10日間の瞑想合宿に参加したことがあります。


京都と千葉で開催されているのですが、参加したい日程が京都が満員で、全然行くつもりのなかった千葉に仕方なく参加したのです。

合宿が終了してあと仲良くなった参加者がいて、京都出身とのこと。その人もいろいろと重なって千葉に参加したらしく、連絡も取りあう仲になりました。


それから3年後。


いろいろあって、大阪・心斎橋でヨガインストラクターをしていた頃。

50代の男性の生徒さんとフェイスブックで友達になったところ、なんとその生徒さんは瞑想合宿で出会った京都の人と繫がっていたのです・・・!!


生徒さんとわたしで、びっくりし過ぎて鼻血出そうになりました。


***********************


ということを前置きしたうえで、もうひとつ。


今日、久しぶりに鳥肌級のびっくりで手が震えたことがありました。


インドのリシケシュに行ったときのこと。





飛び入りで受けたヨガクラスに日本人らしき女の子がいて、話しかけてみるとやっぱり日本人。「他にも日本人いるよ」と、紹介してもらった人があと男の人2,3人。(←うろ覚え)


そのうちの1人に、東京でヨガの先生をしている人がいて、ビートルズが住んでいた森の中に連れて行ってもらったり、山の中の小屋で倍音声明(ばいおんしょうみょう)を教えてもらったり、一緒にレッスンを受けたりしました。


「一期一会やなぁ」と思ったくらいで、過ぎていきました。


そして、今日。


奈良に住んでいるヨガイントラ仲間がティーチャートレーニングを受けたらしく、「今まででダントツ一番良かった!!」とめちゃくちゃ感動して、フェイスブックにコメントしていまして。

「えー!そんなに良いってどんなん!?」

と興味本位で調べたところ・・・!!(わかりやすいオチですがw)


なんと、そのティーチャートレーニングはインドで出会った先生のものでした!!!


えぇ~~~~!!!と、鳥肌立ちながらインドの写真を引っ張り出してくると、やっぱり同じ人;;  スゴイ、コワい・・・・;;





こうやって話してみると、まぁあり得ないこともないよね。という話に聞こえるのですがw


とにかく、人間の一生で辿る道。

同じ時間に同じ場所、どう交わるか、誰にもわからない。


生きるって、本当におもしろい~!!

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝早く突然の電話。 赤ちゃんが入院している病院から。 なに??! 電話があるということは悪いこと?? 緊張してドキドキしながら電話を取ると ******* ミルクを少しずつ飲ませているんですけどね、 色は薄くなっているけど、胆汁がなくなりきらないんですよ。 もう一度検査をしてみたら、十二指腸の癒着がひどかった部分が腫れている。 体重も毎日減っているので、口から管を通して直接小腸へ栄養を届けようと思

腸回転異常症という小腸と大腸が正常ではない状態であるうち、 実際にねじれているのは6,000人に1人の割合だそうです。 ******* 手術から3日後のお医者さんとの面談で言われたのは 「まだグリーンティー色の胆汁を吐いているけど、薄くなっている」 「予後としては悪くないですよ。退院は1週間から10日後くらいかな」 安心安堵^^ あぁ良かった。 いろいろあったけど、けっこう早く帰って来れる!

胸が張ってくるので、3,4時間おきに搾乳。 「ママ、また搾乳してるん~」 「見るたびに搾乳してるなぁ」 と家族から言われるくらい、夜中も早朝も搾乳しました。 1人で背中を丸めて搾乳して、母乳を冷凍し、搾乳機を洗う。 赤ちゃんの今後の見通しもつかないまま、一日中こんなことをしていて 情けなくて虚しい気持ちに何度もなりました。 「赤ちゃんのためにがんばろー!!」と思うこともあったけど 正直、悲しい気持

記事: Blog2_Post
bottom of page