top of page
検索
  • Mayo I

アベンジャーズ映画を斜めから見たら




少し前から、「アイアンマン」「スパイダーマン」といったアメコミが原作の映画を見ています。

というのも、旦那さんがアベンジャーズシリーズの映画が好きで「一緒に楽しみたいから見よう!」と声をかけてくれたのがきっかけです。

(そうでもないと、一生自分からは選ぶことはなさそう!)


先日、その中で「キャプテン☆アメリカ ウィンター・ソルジャー」を見ました。

最初から最後まで、息つく暇もないくらいのアクションと心理上の駆け引きで、

めちゃんこ面白い!!


(ちょこっとネタバレあり!)

で、その中で一瞬気になったのが、


敵を倒すために、ある人間が科学の力で最強人間に改造されるのですが

あるきっかけで、自分の過去の記憶がほんの少しよみがえりそうになります。

すると、機械にくくりつけられて、さらに強い改造の為、痛く苦しい思いをすることに。

そしてまた、敵を倒すための改造人間として、権力を持つ人間にただ利用される。。。


というシーン。



これと同じようなこと、なんか知ってる・・・と考えてみると。


動物が命ある生き物ではなく、

工業製品のように大量生産されていることや

ホルモン剤や筋肉増幅剤、抗生物質を投与されていること。


植物が自然の法則に従って育つのではなく、

季節外れに出来たり、遺伝子組み換えをされていること。



相手が人間じゃないから、動物や植物だから、

好き勝手に科学操作している事実は、

私たちが実際に生きているこの社会で起きている。


映画の悪者と同じやん!!



アクション映画って、CGを使ったアクションシーンが見どころだけど、

いろいろなメッセージが隠されてもいるんですね。

他にも、考えさせられるシーンがいくつかありました。(戦争のこととか)


こんな風に、キャプテン・アメリカを斜めから見ている人って

少ないと思いますが(笑)



今日も、地球上の生き物すべてが幸せで笑顔でいられますように。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝早く突然の電話。 赤ちゃんが入院している病院から。 なに??! 電話があるということは悪いこと?? 緊張してドキドキしながら電話を取ると ******* ミルクを少しずつ飲ませているんですけどね、 色は薄くなっているけど、胆汁がなくなりきらないんですよ。 もう一度検査をしてみたら、十二指腸の癒着がひどかった部分が腫れている。 体重も毎日減っているので、口から管を通して直接小腸へ栄養を届けようと思

腸回転異常症という小腸と大腸が正常ではない状態であるうち、 実際にねじれているのは6,000人に1人の割合だそうです。 ******* 手術から3日後のお医者さんとの面談で言われたのは 「まだグリーンティー色の胆汁を吐いているけど、薄くなっている」 「予後としては悪くないですよ。退院は1週間から10日後くらいかな」 安心安堵^^ あぁ良かった。 いろいろあったけど、けっこう早く帰って来れる!

胸が張ってくるので、3,4時間おきに搾乳。 「ママ、また搾乳してるん~」 「見るたびに搾乳してるなぁ」 と家族から言われるくらい、夜中も早朝も搾乳しました。 1人で背中を丸めて搾乳して、母乳を冷凍し、搾乳機を洗う。 赤ちゃんの今後の見通しもつかないまま、一日中こんなことをしていて 情けなくて虚しい気持ちに何度もなりました。 「赤ちゃんのためにがんばろー!!」と思うこともあったけど 正直、悲しい気持

記事: Blog2_Post
bottom of page