検索
  • Mayo I

しゃべくりのプロ

お笑いコンビの和牛・川西さんがラジオか何かで


「僕ら、“しゃべくり”を仕事にさせてもらっているのでね。

言葉や語彙の引き出しをたくさん作るようにしてるし、

日常のちょっとした表現でも気に留めるようにしてる。

“しゃべる”のをプロとしているからね」


という内容を話されていました。


「しゃべる」ことが仕事で、それをプロとして誇りをもっていることや

今もまだまだ小さなことを積み重ねていること。


バラエティー番組に出られたらOKじゃなくて

漫才のネタを最初から最後まで上手に言えたらOKではない。


漫才師さんが、自分たちをそんな風に思っていると知らなかったので

しゃべくりのプロ、めちゃくちゃカッコいいなーー!って思いました。


やっぱり本当に面白い人たちは、隠れた地道な努力をしているんですね。


なんでも自分と重ねてしまうのですが、

わたしもヨガのインストラクターとして通ずるものがあるなぁ、と感じました。


決まりきったインストラクションを読むわけじゃなくて

その日、その場所で、いろんな体調や体の状態を持った今日の生徒さんを目の前にして

的確な言葉かけをできるように、まだまだ勉強するのみ!です。





閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝活をすると1日が有意義に過ごせる 家事の前倒し 時間に追われず、時間を追いかける などなど、 家事をスムーズに進めるための本がたくさん出されていて 自己啓発本と同じくらい、そのジャンルの本も大好きです。 いろいろと読みましたが、、 少し前のブログの記事にも通じることですが やっぱり自分にしっくりくるものと、そのときの自分のタイミングってありますね。 響くものと全然入ってこないものがある。 数年後