検索
  • Mayo I

しゃべくりのプロ

お笑いコンビの和牛・川西さんがラジオか何かで


「僕ら、“しゃべくり”を仕事にさせてもらっているのでね。

言葉や語彙の引き出しをたくさん作るようにしてるし、

日常のちょっとした表現でも気に留めるようにしてる。

“しゃべる”のをプロとしているからね」


という内容を話されていました。


「しゃべる」ことが仕事で、それをプロとして誇りをもっていることや

今もまだまだ小さなことを積み重ねていること。


バラエティー番組に出られたらOKじゃなくて

漫才のネタを最初から最後まで上手に言えたらOKではない。


漫才師さんが、自分たちをそんな風に思っていると知らなかったので

しゃべくりのプロ、めちゃくちゃカッコいいなーー!って思いました。


やっぱり本当に面白い人たちは、隠れた地道な努力をしているんですね。


なんでも自分と重ねてしまうのですが、

わたしもヨガのインストラクターとして通ずるものがあるなぁ、と感じました。


決まりきったインストラクションを読むわけじゃなくて

その日、その場所で、いろんな体調や体の状態を持った今日の生徒さんを目の前にして

的確な言葉かけをできるように、まだまだ勉強するのみ!です。





閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

退院後は、大変な生活が待っていることをわかっていたので 入院中はほとんど赤ちゃんを預かってもらいました。 出産した次の日を1日目として4日目には退院する産院でして。 退院の前日の夜、口や鼻からもゲボッとびっくりするくらいの量のミルクを吐きました。 でも助産師さんは慌てず「あらあら」てな感じで拭いたり着替えさせてくださり、 そのあとあまりミルクを飲まず。 うんちが出てないから!?と綿棒で刺激してくだ