top of page
検索
  • Mayo I

おじいちゃん・おばあちゃんの不思議な力

先日、姉夫婦と姉の旦那さんのお母さんと一緒に日帰りBBQへ行ってきました。


お母さんは大阪から来られていて、御年80歳。

話し方も動きもゆっくりですが、頭はしっかりとされています。


姉の旦那さんのお母さん(長い!w)と顔を合わせて話していると

「あ。なんかこの感覚・・」


心の中がほわっと穏やかになっていく。

じーんわりと安心感が染み渡っていく。

大きく広い心で、すべてを受け止めてくれる。


自分の感覚を言葉にするのは難しいですが、

あえて表現するとこんな感覚になったわけです。





そして、今まで同じ感覚を味わったことがあった人達がどんどん思い出されました。


まずは、わたしの旦那さんのお母さん。

80歳で目や足は悪くても、ハキハキ元気にお話してくださいます。頭が良くて、細かいことは気にしない。面白くて大好きな義母です。


そして、15年くらい前に80歳で亡くなった私の祖母。

膝が痛いと言いながらも、私が小さい頃と変わらず楽しく会話をしたものです。おばあちゃんの家に行って顔を見ると、トゲトゲしていた心がスウーッと丸くなって、優しい自分になれました。


最後に、アメリカでお世話になったDonna。

彼女も12年前くらいに60歳くらいで他界したのですが、いつも家族や町の人みんなの真ん中で、どんな時も明るく照らしてくれる光のような存在でした。自分のことは後回しで、みんなが困らないように「Give(与える)」ことばかりするような愛情深い人です。


それから、来年70になる私の父からも(健在です!)同じような感覚が感じられます。


みんな共通して、言葉に表せない不思議な力を持ってるんじゃないか、と本気で思ってます。


わたしも「今」が数え切れないくらい積み重なっていつかおばあちゃんになったとき、

不思議な力を持つ人間に成長していたい!


それまでにいろいろあると思うけど、

そんな日を楽しみに「今」を積み重ねていく。


生きること、その中で出会うこと、感じること

ぜんぶひっくるめて、面白い!


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝早く突然の電話。 赤ちゃんが入院している病院から。 なに??! 電話があるということは悪いこと?? 緊張してドキドキしながら電話を取ると ******* ミルクを少しずつ飲ませているんですけどね、 色は薄くなっているけど、胆汁がなくなりきらないんですよ。 もう一度検査をしてみたら、十二指腸の癒着がひどかった部分が腫れている。 体重も毎日減っているので、口から管を通して直接小腸へ栄養を届けようと思

腸回転異常症という小腸と大腸が正常ではない状態であるうち、 実際にねじれているのは6,000人に1人の割合だそうです。 ******* 手術から3日後のお医者さんとの面談で言われたのは 「まだグリーンティー色の胆汁を吐いているけど、薄くなっている」 「予後としては悪くないですよ。退院は1週間から10日後くらいかな」 安心安堵^^ あぁ良かった。 いろいろあったけど、けっこう早く帰って来れる!

胸が張ってくるので、3,4時間おきに搾乳。 「ママ、また搾乳してるん~」 「見るたびに搾乳してるなぁ」 と家族から言われるくらい、夜中も早朝も搾乳しました。 1人で背中を丸めて搾乳して、母乳を冷凍し、搾乳機を洗う。 赤ちゃんの今後の見通しもつかないまま、一日中こんなことをしていて 情けなくて虚しい気持ちに何度もなりました。 「赤ちゃんのためにがんばろー!!」と思うこともあったけど 正直、悲しい気持

記事: Blog2_Post
bottom of page