top of page
検索
  • Mayo I

【緊急手術】予期せぬ事態④

更新日:1月23日

今から緊急手術を行います。


*******


産後、ほとんど一緒に過ごしていないし

家では家族が首を長くして、赤ちゃんの帰りを楽しみに待っているし

ベビーベッドやオムツ、ベビーバス、赤ちゃんとの生活の準備は万端。


それが、手術???


ミルクの吐き戻しなんて、どの赤ちゃんでも起こりうるんじゃないの?


NICUなんて、ドキュメンタリーやドラマでしか見たことがない遠い世界のことだと思っていた。

大切に大切にお腹の中で育ててきた赤ちゃんが、産まれてすぐに手術。

自分のことじゃないみたい。

現実感がない。

怖い。

死んでしまったらどうしよう。

これからどうなるの?

すごくすごく楽しみに待っている可愛い娘と息子に申し訳ない。

子ども達にがっかり残念な気持ちにさせることが一番ツライ。

なんでこんなことに?

1人目の出産も、産後すぐに小児科に入院だったのにまた?

普通に陣痛きて、普通に分娩して、普通に退院するもんやと思ってた。

わたし、何かしたっけ? バチが当たったん?


********


なんてことが頭の中をぐるぐる巡る。


さっきまでベビードレス着ていた私の赤ちゃんが

オムツだけの姿でたくさんの管につながれて

保育器に入ってる。今からお腹を切って手術。そのあと入院。(いつまで?!)


家に帰ったら、庭で写真をたくさん撮るつもりだった。

一日中楽しみにして、学校から走って帰ってきた娘を

赤ちゃんと一緒に迎えるはずだった。

やっと赤ちゃんに会える!ってワクワクした顔でバスを降りた息子を

抱っこした赤ちゃんと一緒に「おかえり!」って言うはずだった。


みんな、みんなにごめんねっていう気持ちでいっぱい。

胸がつかえて、涙があふれて止まらない。


*******


現実が受け入れられなくて、書類にサインするときもフワフワしていた。


夫が職場からとんできてくれたので

父と交代してもらい、夫と話してやっと目の前が見えてきた。


そんな感じ。







閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝早く突然の電話。 赤ちゃんが入院している病院から。 なに??! 電話があるということは悪いこと?? 緊張してドキドキしながら電話を取ると ******* ミルクを少しずつ飲ませているんですけどね、 色は薄くなっているけど、胆汁がなくなりきらないんですよ。 もう一度検査をしてみたら、十二指腸の癒着がひどかった部分が腫れている。 体重も毎日減っているので、口から管を通して直接小腸へ栄養を届けようと思

腸回転異常症という小腸と大腸が正常ではない状態であるうち、 実際にねじれているのは6,000人に1人の割合だそうです。 ******* 手術から3日後のお医者さんとの面談で言われたのは 「まだグリーンティー色の胆汁を吐いているけど、薄くなっている」 「予後としては悪くないですよ。退院は1週間から10日後くらいかな」 安心安堵^^ あぁ良かった。 いろいろあったけど、けっこう早く帰って来れる!

胸が張ってくるので、3,4時間おきに搾乳。 「ママ、また搾乳してるん~」 「見るたびに搾乳してるなぁ」 と家族から言われるくらい、夜中も早朝も搾乳しました。 1人で背中を丸めて搾乳して、母乳を冷凍し、搾乳機を洗う。 赤ちゃんの今後の見通しもつかないまま、一日中こんなことをしていて 情けなくて虚しい気持ちに何度もなりました。 「赤ちゃんのためにがんばろー!!」と思うこともあったけど 正直、悲しい気持

記事: Blog2_Post
bottom of page