top of page
検索
  • Mayo I

【退院】予期せぬ事態①

更新日:1月23日

退院後は、大変な生活が待っていることをわかっていたので

入院中はほとんど赤ちゃんを預かってもらいました。


出産した次の日を1日目として4日目には退院する産院でして。


退院の前日・つまり生後3日目の夜、口や鼻からもゲボッとびっくりするくらいの量のミルクを吐きました。

でも助産師さんは慌てず「あらあら」てな感じで拭いたり着替えさせてくださり、

そのあともあまりミルクを飲まなくて


うんちが出てないから!?と綿棒で刺激してくださり、おならもうんちも出て一安心。

このときは「お腹が楽になったね~」なんて笑って話しかけていて、この一連の流れが大変なことの予兆だと想像もしていませんでした。


退院当日の朝。

助産師さんによると「また大量に吐いてしまって、あまり飲めてないんや」とのこと。

退院してからもこのままだと体重が増えないので、なんとか飲めるように授乳の方針を何度も変更することに。


退院の準備が整って、お部屋で待っていたら「また嘔吐したんだけど、緑色してる!」と

助産師さんが慌てて入って来られて、こっちは「吐き戻しは昨日からしてるし。緑色がなに?ヤバイん?」みたいな、知識ゼロな私はその緊急性がわからない。

でも助産師さんは真っ青で、先生も緊迫した様子。


実は、おでこに小さなアザがあったので(言われなければわからないくらいの)

退院後、総合病院で見てもらうよう紹介状を書いてもらっていた。


それが「ミルクを飲まないから」「黄疸が強く出ているから」「緑色の嘔吐をしたから」と次々と出てきたので退院後に診てもらう病院がコロコロと変わり、結局は産院から車で5分のところにある総合病院の小児科へ行くことになりました。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

朝早く突然の電話。 赤ちゃんが入院している病院から。 なに??! 電話があるということは悪いこと?? 緊張してドキドキしながら電話を取ると ******* ミルクを少しずつ飲ませているんですけどね、 色は薄くなっているけど、胆汁がなくなりきらないんですよ。 もう一度検査をしてみたら、十二指腸の癒着がひどかった部分が腫れている。 体重も毎日減っているので、口から管を通して直接小腸へ栄養を届けようと思

腸回転異常症という小腸と大腸が正常ではない状態であるうち、 実際にねじれているのは6,000人に1人の割合だそうです。 ******* 手術から3日後のお医者さんとの面談で言われたのは 「まだグリーンティー色の胆汁を吐いているけど、薄くなっている」 「予後としては悪くないですよ。退院は1週間から10日後くらいかな」 安心安堵^^ あぁ良かった。 いろいろあったけど、けっこう早く帰って来れる!

胸が張ってくるので、3,4時間おきに搾乳。 「ママ、また搾乳してるん~」 「見るたびに搾乳してるなぁ」 と家族から言われるくらい、夜中も早朝も搾乳しました。 1人で背中を丸めて搾乳して、母乳を冷凍し、搾乳機を洗う。 赤ちゃんの今後の見通しもつかないまま、一日中こんなことをしていて 情けなくて虚しい気持ちに何度もなりました。 「赤ちゃんのためにがんばろー!!」と思うこともあったけど 正直、悲しい気持

記事: Blog2_Post
bottom of page